刑事事件専用ダイヤル
049-256-7544
一般ダイヤル(24時間受付中)
049-248-7273

Menu

メディア出演実績

impress
退職代行を使う前に読む本

2020.9.1

退職代行を使う前に読む本

退職代行の書籍を出版しました。これ1冊で退職代行サービスの事がよく分かります。退職代行サービスを利用する前にぜひ一読ください。
詳細はこちら

TBS
グッとラック!

2020.6.9

グッとラック!

「出勤再開うつ」について紹介されました。
出勤再開に伴うストレスの増加により、ニーズが高まっているのが、退職代行サービス。緊急事態宣言明け以降、例年の3倍以上の相談件数となっているという。企業も新しい働き方として、テレワークの人員募集をしていたり、それを目的として応募する人も増えているという。

イギリス
エコノミスト

2020.4.30

エコノミスト

イギリスの経済雑誌エコノミストに内定辞退代行について、掲載されました。
URL

テレビ朝日
Jチャンネル

2020.3.31

Jチャンネル

3月から、コロナウィルスの影響で、在宅勤務中の退職代行が増加しました。1ヶ月で、コロナウィルスの影響による退職代行は、100件程度でした。

テレビ朝日
Jチャンネル

2020.1.7

Jチャンネル

仕事始めと同時に急増するのが"退職代行"。埼玉・川越市・川越みずほ法律会計・増森俊太郎弁護士は「きょう辞めたいというだけで50件」とコメント。
依頼の多い職種は介護や建築関係。お盆明け、GW明け、正月休み明けに急増。退職代行を利用した営業職の男性は「(辞めた理由は)ノルマに追われたのと社内の人間関係」とコメント。
なかには民間業者に委託してトラブルになるケースもあり。弁護士に相談してほしいとしている。

TBS
グッとラック!

2019.10.28

グッとラック!

吉田名穂子弁護士が出演しました。弊弁護士法人が取り扱う退職代行サービスの現状と弊弁護士法人のご紹介をして頂きました。
月の問い合わせ件数300件、代行件数150件というお話しをさせて頂きました。
twitter

NHK
ニュースウォッチ9

2019.5.7

ニュースウォッチ9

清水隆久弁護士が出演しました。GW明けの退職代行サービスを紹介して頂きました。
GW中は、1日60件の問い合わせがありました。退職代行サービスの現状・lineでの問い合わせからの依頼の流れを説明しました。

SNS

Twitter

インフォメーション

お問合せ・ご相談

刑事事件専用ダイヤル
049-256-7544
一般ダイヤル(24時間受付中)
049-248-7273
メールでのお問合せ 面談のご予約はこちら

お問合せはお電話・メールで受け付けています。
メール・電話でのお問合せは24時間受け付けております。

営業時間・定休日

営業時間

24時間

定休日

年中無休

アクセス

※最寄の駅までお迎えに行きます。
〒350-1118
埼玉県川越市豊田本4-3-15
東武東上線川越市駅より徒歩25分 車・タクシーで10分
東武東上線川越駅より徒歩35分 車・タクシーで15分
西武新宿線南大塚駅より徒歩35分 車・タクシーで15分
東武東上線川越駅または西武新宿線本川越駅から西武バスに乗車 尚美学園大学 下車 徒歩5分
※無料駐車場多数あります。

事務所概要はこちら

債務整理

サービス内容

当事務所では個人の依頼者様に対して、任意整理・自己破産・個人再生を行っています。

当事務所では、借金問題の取り扱い経験が豊富にあります。借金問題のご相談は、何度でも無料ですので、どうぞお気軽にご相談ください。借金のお悩みは打ち明けづらいものですが、お伺いした内容については秘密厳守ですので、どうぞご安心ください。一緒に借金問題を解決しましょう。

労働問題

債務整理の事例

任意整理の解決事例

ご相談前 → ご相談後|約200万円 → 約200万円
毎月の返済額:約6万円 → 約3万円

Aさんは、毎月の収入に変動があり、また、仕事柄お客と会食に出かけることもあり、生活費が不足する時は、いつもクレジットカード払いでした。このような生活を数年続けることで、借金の総額が約200万円となりました。また、仕事も転職することで、給料が下がり、「今後どうしたらよいのだろうか」「毎月の返済が不可能となってしまった」ということで、当事務所へ相談にいらっしゃいました。その後、弁護士と相談した結果、任意整理手続を進めていくことになりました。各事業者から取引履歴を取り寄せ確認したところ全て法定利率内であったため、借金の減額はできませんでした。しかし、各業者と弁護士が交渉した結果、長期間での分割払いに応じてもらうことができ、将来利息については、免除してもらいました。

自己破産の解決事例

ご相談前→ご相談後|約400万 → 0円(借金総額)
毎月の返済額:約5万円 → 0円

当時Bさんは、生活費を補うために、生活費が足りないときは、クレジットカード払いでした。このような生活を約6年続けることで、約400万円の借金総額となりました。と同時に、会社の給料が下がり、生活費が足りない状態となり、ご相談にいらっしゃいました。相談当初は、自己破産に消極的であったものの、丁寧に担当弁護士が説明することで、最終的には、自己破産を選択しました。その後、手続きを進めていく中で、Bさんは、節約に努めてもらいました。その結果、無事に免責決定が下り、借金全額が免除されました。

個人再生の解決事例

ご相談前→ご相談後|約900万円 → 約200万円(借金総額)
毎月の返済額:約6万円 → 約3万円

当時Cさんは、当初自己破産を検討して、当事務所に来所しましたが、「できる限り自宅を残したい」という希望がありました。そこで、自己破産でなく、弁護士と協議の上、個人再生を選択しました。ただ、Cさんは、もともと自己破産をするつもりであったため、住宅ローンの支払いをストップさせていました。結果的に、自宅が競売にかけられる寸前の状態でしたので、急いで準備をし、裁判所に申立てを行いました。

メディア出演実績

impress
退職代行を使う前に読む本

2020.9.1

退職代行を使う前に読む本

退職代行の書籍を出版しました。これ1冊で退職代行サービスの事がよく分かります。退職代行サービスを利用する前にぜひ一読ください。
詳細はこちら

TBS
グッとラック!

2020.6.9

グッとラック!

「出勤再開うつ」について紹介されました。
出勤再開に伴うストレスの増加により、ニーズが高まっているのが、退職代行サービス。緊急事態宣言明け以降、例年の3倍以上の相談件数となっているという。企業も新しい働き方として、テレワークの人員募集をしていたり、それを目的として応募する人も増えているという。

イギリス
エコノミスト

2020.4.30

エコノミスト

イギリスの経済雑誌エコノミストに内定辞退代行について、掲載されました。
URL

テレビ朝日
Jチャンネル

2020.3.31

Jチャンネル

3月から、コロナウィルスの影響で、在宅勤務中の退職代行が増加しました。1ヶ月で、コロナウィルスの影響による退職代行は、100件程度でした。

テレビ朝日
Jチャンネル

2020.1.7

Jチャンネル

仕事始めと同時に急増するのが"退職代行"。埼玉・川越市・川越みずほ法律会計・増森俊太郎弁護士は「きょう辞めたいというだけで50件」とコメント。
依頼の多い職種は介護や建築関係。お盆明け、GW明け、正月休み明けに急増。退職代行を利用した営業職の男性は「(辞めた理由は)ノルマに追われたのと社内の人間関係」とコメント。
なかには民間業者に委託してトラブルになるケースもあり。弁護士に相談してほしいとしている。

TBS
グッとラック!

2019.10.28

グッとラック!

吉田名穂子弁護士が出演しました。弊弁護士法人が取り扱う退職代行サービスの現状と弊弁護士法人のご紹介をして頂きました。
月の問い合わせ件数300件、代行件数150件というお話しをさせて頂きました。
twitter

NHK
ニュースウォッチ9

2019.5.7

ニュースウォッチ9

清水隆久弁護士が出演しました。GW明けの退職代行サービスを紹介して頂きました。
GW中は、1日60件の問い合わせがありました。退職代行サービスの現状・lineでの問い合わせからの依頼の流れを説明しました。

ご相談・お問合せはこちら

法律相談は無料です。

お問合せ・ご相談は、右のQRコードから友達登/お電話/フォームにて受け付けております。

右のQRコードからの友達登録/メール/電話でのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

登録して、30分たっても、返信がない場合には、TEL049-248-7273までお電話を頂けると幸いでございます。

お問合せは24時間受付中

営業時間:24時間
定休日:年中無休

刑事事件専用ダイヤル
049-256-7544
一般ダイヤル(24時間受付中)
049-248-7273
LINE